トップ

M&Aでの事業継承

M&Aでの事業継承とは

事業承継を目的としたM&A

「M&A」とは、合併を意味するMergersと、買収を意味するAcquisitionsの略で、企業の取得を目的とした経済行為を表します。M&Aの目的はさまざまですが、事業承継をしたいという希望を叶える手段としても行われています。

売主にとって、かつてのM&Aは社員の安定を確保して企業を成長させていくための最終的な手段でした。その背景には行き詰った経営を立て直して再生する意味がこめられる場合もあったのです。

ところが近年は多くの中小企業が後継問題に直面しています。後継者が決まらないまま廃業すると、それまで築き上げたものが無駄になってしまいます。経営が行き詰った時と同じく、社員は露頭に迷ってしまうでしょう。それを避けるためにM&Aを利用して、企業の存続を託すのです。

また、経営者が企業の売却によって利益を確保するためにも、M&Aは有利な方法です。借入金の保証や担保が解除できる上に、資産評価や税制面でも廃業よりは優遇されます。親から事業承継したものの、別の仕事を始めたい時の資金源にもなるでしょう。

買主にしてみれば、M&Aはわずかな手間とリスクで、その企業が持つ顧客や人材、ノウハウ、営業エリアを取得できるメリットがあります。規模を拡大して競争力を高めたり、不足を補うには最適な方法なのです。特に海外進出を目論む企業にとっては、その分野に精通した企業とのM&Aが、国際競争力をつける上で重要でした。

後継者問題で多くの中小企業がM&Aを検討している今、買主はこれまでになく有利な条件で売主を選ぶことができます。それだけ売主はM&Aを実現するために、独自の強みを打ち出していかなければいけないのです。最近では、そのサポート役として多くの「アドバイザー」が名乗りを上げ、M&Aの買主と売主を仲介しています。